理学療法士のための情報サイト(独立開業・副業・転職・治療技術など)

理学療法士の私が起業して会社を作ることにしました!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
最近PTとしての働き方や収入に不安や不満があるけど、なかなか一歩が踏み出せないという話をよく聞きます。 私はそんな人の役に立ちたくてこのサイトを作りました! 1度しかない人生です。好きな仕事をしてみんなでもっとワクワクすることしようじゃありませんか!

 

突然ですが、会社始めます!

昨年末に病院を辞めて店舗を構えて個人事業主として活動してきましたが、2018年の7/2に「株式会社理学ボディ」として登記し正式に法人化しました!

 

は?お前が会社とかナメてんの?そんなに社会は甘くねーからな。

世間の大人達

 

そんな声がたくさん飛んできそうですが、もう登記しちゃったので気にしないです。笑

人生は短いので、やりたいようにやらせてもらいます。

 

今回は、私が法人化を決めたわけとこれからの抱負を7月の気温に負けないぐらい熱く語っていきたいと思います!

 

記事を読んでいただくその前に!最近法人化するついでにTwitterをはじめてみたので、フォローしてくれると超嬉しいです。

Twitter

 

理学療法士(PT)の私が起業して会社化することを決めた3つの理由

 

私が法人化することに決めた理由は3つです。

  1. 単純にもっと大きい規模でワクワクすることがしたい
  2. 税金的なこと
  3. 20代の目標だったから

 

では、せっかくなんで一つひとつ書いていきたいと思います。

 

会社化することを決めた理由1 単純にもっと大きい規模でワクワクすることがしたい

 

病院で働いているときはずっと

「周りから干渉されずに一人でやりたい」

 

そんな風に思っていました。

実際1人職場になって、はじめは目標を達成していった時の達成感が何事にも変えがたい喜びでした。

 

でも数ヶ月して段々お店の予約枠も埋まるようになってきて、お店の経営的には目標を上げてそこを目指すというよりも、今後は今の売上を維持する作業がメインになってくることがわかりました。

 

「ここで一生一人でこれを続けていくのかー・・・」
(※施術自体は今も変わらず大好きです)

 

この時自分の性格に気が付いたんです。

自分はなにか新しい目標に挑戦している時に、人生において最も幸福感を感じているんだなと。

 

お前さ、たかだか半年やそこら店がうまくいったぐらいでなに調子こいてんの?今は地に足つけて基礎を固める時だろ。そんなに社会は甘くねーからな。

世間の大人達

 

まあこれはその通りだと思います。

 

でもさ、人生1度きりだよ。

そんな悠長なこと言ってたら、気が付いたら30、40って歳をとっておっさんになって、

「家族がいるから無理ぽ。」

とか言って動けなくなるのが目に見えてる

実際周りにもそんな人がたくさんいる。

 

今ならまだ失うものはないし、実際そうやって動いているときが1番ワクワクするしめっちゃ楽しい。

社会への貢献度だって増やせる。

 

だからまず

『規模を拡大or新しい事業がしたい』

 

そう考えました。

 

会社化した方がスムーズにそれができると考えた

でも自分は今お店のお客さんをみることと、お店の事務的なことをするのにいっぱいいっぱいです。

 

この状態でなにかするって言っても限界がある。

 

  • 規模を拡大するにも、人を雇う必要がある。
  • 新しいことをするなら、どこかの企業と提携したりできれば幅が広がる。

 

これなら会社作って周りを巻き込んでやった方が早いよなー。

 

ここ数ヶ月はずっとそんなことを考えていました。

 

そしたら、ちょうどこれに賛同してくれる最強の仲間が見つかりました!
その話はまたの機会で。

 

1人でやるのも楽しいけど、仲間と周りを巻き込んでやる方が絶対半端ない!大迫より半端ない!

 

会社化することを決めた理由2 税金的な面

 

まあこれについては、お金のことなんでそんなに書くつもりはないです。

ただ税理士さんに相談したら、

「このままいけば会社化した方が少し有利かもね」

 

とのことでした。っていう話です。

 

このままいけばな。このまま。そんなに社会は甘くない。

世間の大人達

 

会社化することを決めた理由3 ずっと20代の目標だったから

 

私は就職して最初に立てた目標が、

「独立して自分のお店を持つこと」でした。

(そのことに関しては▼にも詳しく書いています。)

私が開業を決めた理由と現状

 

それからは毎日いろんな本を読みました。

経営者の自伝も有名どころはだいたい読んだと思います。

  • ソフトバンクの孫さん
  • ホリエモン
  • 稲盛和夫さん
  • 藤田社長
  • 前田社長
  • DJ社長

 

DJ社長は本出してねーだろ

世間の大人達

 

※DJ社長とは

最近YouTubeで話題の25歳の社長。「レペゼン地球」というDJ集団のリーダーで、LifeGroup株式会社代表取締役社長の木元 駿之介のこと。ちょっと下品だけど個人的にめっちゃ魂を揺さぶられて感銘を受けた動画はこれ▼

 

とにかく20代前半でここら辺の本を読み漁っては、

「俺は20代で絶対起業する!」

 

って周りに言ってました。

 

そしたら高校時代の同級生に、

「もう俺ら23だよ。いつまでそんなこと言ってんの?そろそろ大人になれよ」

 

と言われたり。

 

専門学校の友達に

「おまえにできるなら誰でもできるから!笑」

「そんなにセミナー行きまくって何になんの?いい加減気づけよ(笑)」

 

とか、いろんなところで言われました。

当時あまりにバカにされたから、飲み会でケンカみたいになったこともあります(笑)

 

それぐらい起業することは、ずっと心に決めてました。

 

まあ今考えたら、高校時代成績はオール3以下、毎年遅刻は100回以上、専門学校時代は毎年仮進級で国家試験も落ちてる超無気力だった奴が、そんなこと言ってもそりゃそうなるわって話です。自分が悪い。

 

でもこのとき自分は毎日毎日どうやったら起業できるかばっかり考えてて、それで考えに考えた結果「絶対できる!」って思ってるのに、ちょっと話聞いただけで否定して笑ってくるのすげームカついたんですよ。いまだに夢に出てくるぐらい。

 

「人の夢を笑うな!」ってルフィーも言ってたけど、ほんとそんな感じでした。

 

ただ今は、「ありがとう!」と思います。

あのとき彼らがバカにしてくれたから、努力を続けることができました。

 

あざっす!!

 

そして最近は、私のことを真剣に応援してくれたり手伝ってくれる方々にも出会えました。

一緒にやりましょう!って言ってくれる最高の仲間も見つかりました!

 

皆さんにはもう感謝しかありません。

いつか必ず恩返しします。

 

 

 

とまあ、会社を作っただけで感傷に浸っていてはいけません。

なんせまだ何もしてないですからね。

 

そしてこんなデータもあります▼

会社生存率のデータ

会社が設立してから存続する確率は次の通りです。

・設立5年後の存続率…14.8%
・設立10年後の存続率…6.3%
・設立20年後の存続率…0.4%
・設立30年後の存続率…0.021%

引用元:リスクの眼鏡「中小企業が設立から10年で倒産する確率は9割以上?」2016/9/13の記事(アクセス2018/7/6)https://www.risk-megane.com/economy_risk/444/

 

5年後には1割ちょいしか生き残っていません。

自分の会社を持つことは確かに目標の一つでしたが、これからがやっとスタートということです。

 

これからのこと

 

もちろん今はお店のことをまず1番に考えています。

その中で、少しずつですがこれからの展開もある程度構想はあるし、準備も進めています。

 

まあその話は長くなるので書くのやめました。

 

まずはそれより大事な、企業理念を決めました▼

 

「人の役に立つことをして、ワクワクする仕事ができる会社」

 

これにしました。シンプルだけど、これが本心です。

企業理念というか、もはや自己分析したらただの私の人生感でした。

でも仲間も共感してくれたからよしとします。

 

 

お金を儲けるだけなら、たぶん専業のデイトレーダーか、専業のアフェリエイターになったでしょう。

もちろんお金も稼ぎたいけど、それだけじゃないんです。

 

人の役に立ってワクワクすることがしたいです。

 

これからは楽しいことだけじゃなくて、厳しく辛い現実もたくさん待っていると思います。

でも、何があっても初心を忘れず

・「人の役に立つこと」

・「ワクワクすること」

 

必ずこれに沿ってやっていきたいです。

 

おーわり!

会社と同時にツイッターもはじめました!臨床のこととか、ブログノウハウのこととかを情報発信しています。フォロー or シェアめっちゃ嬉しいです!

Twitterフォローはこちら

Twitter

きしたく

この記事を書いている人 - WRITER -
最近PTとしての働き方や収入に不安や不満があるけど、なかなか一歩が踏み出せないという話をよく聞きます。 私はそんな人の役に立ちたくてこのサイトを作りました! 1度しかない人生です。好きな仕事をしてみんなでもっとワクワクすることしようじゃありませんか!

Copyright© 理学療法士の働き方改革 , 2018 All Rights Reserved.