fbpx

理学療法士のための情報サイト(独立開業・副業・転職・治療技術など)

理学療法士が体力的にきつい・大変だと感じたらやるべきこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
私はこれまで出会う人に恵まれて、自分がやりたいと思う仕事を実現してきました。 クリニックで勤務しながら、自費のパーソナルトレーナー・プロスポーツチームトレーナーができたのは自分1人の力では考えられません。 「今まで出会った人に貰った経験を今度は自分が伝えていきたい!」という思いから情報発信しようと考えました。 やる気はあるけど何から始めたらいいか分からないという人が1歩行動できるような発信をしていきます!

 

こんにちはタマガワです。

 

理学療法士は体力的にきつい・大変だと思っている方は多いのではないでしょうか?

 

理学療法士として働き始めてから、毎日つらいです。向いてないのかもしれません。

若手理学療法士

 

実は私も最初の職場ではこのように考えていた時期がありました。

 

でも、それが体力的にきつかったからかと考えるとそうでもありませんでした。他の残業などの多い仕事と比較すると勤務時間はそれほど多くなかったなと思っています。

 

その中で私がなぜ大変さを感じていたかを考えると

  1. 自分のやりたい分野の仕事ができていない
  2. 周囲との人間関係に問題がある
  3. 仕事に対しての収入に不安や不満がある

この3つがあったのではないかと思います。

 

今、理学療法士が大変だと思っている方は、まず自分が理学療法士として働いていて何に大変さを感じているかを客観的に洗い出してみると良いかもしれません。

今回は、PTの私が病院時代に苦労した経験を交えつつ、大変な状況を乗り越える方法をお伝えします。

 

理学療法士は体力的に大変?

 

私が最初に働いていた職場は基本的には18:00くらいには終わることが多く、残業で残ることなどもあまりないため、Dr・Nsなど他の医療職と比較しても労働時間的には特別きつくはなかったです。

 

では何故大変だと感じていたのかとあらためて考えてみると、先ほど書いたような3つの理由があったからだと感じています。

 

  1. 自分のやりたい分野の仕事ができていない
  2. 周囲との人間関係に問題がある
  3. 仕事に対しての収入に不安や不満がある

 

まずはそれらについて考えてみます。

 

1.自分のやりたい分野の仕事が出来ていない

 

仕事が大変だと感じる時はたいていの場合、自分のやりたいことが出来ていないのではないかと思います。

 

私はスポーツ分野に関わるために理学療法士になりたいと思い大学に入りました。

しかし大学で学ぶ中でスポーツ分野で働くという方向性が現実的にみえなかったため、当時お世話になっていた方に誘われるままスポーツとは全然関係のない分野の病院に入りました。

 

そこでの仕事は体力的にきつくはなかったのですが、働いていて楽しいや熱中して仕事ができているとは感じられてなかったのを覚えています。

 

その後、私はスポーツ整形外科クリニックに移ったのですが、勤務時間や担当患者さんの数は大幅に増えたにもかかわらず、最初の病院と比較して仕事が大変という感覚は減りました。

 

仕事が大変だと感じる人は、まず自分のやりたい仕事ができているかということを考えてみましょう!

タマガワ

 

以下の記事にはPTを辞めたいと悩んでいる方へのアドバイスを書いています。

参考記事理学療法士(PT)を辞めたい・辛いと感じるあなたがやるべきこと

 

2.周囲との人間関係に問題がある

 

私は最初の職場で働く中で、上司との関係に苦しんだ経験があります。

今となって考えてみると、自分にも悪かった点が数多くあることは理解できるのですが、当時は冷静に考えられる状態ではありませんでした。

 

毎日職場に行くことが自分の中で大変な作業になっていて、体力的にもきつかったなと思います

仕事をする中で人と人の関係性は凄く重要です。仕事が大変だと感じている人は周囲との人間関係はどうかを考えてみましょう。

タマガワ

 

3.仕事に対しての収入に不安や不満がある

 

収入に対しての不満などは当時はそれほど感じてはいませんでしたが、今同じくらいの収入だったらと考えると厳しいなと感じる面があります。

大変だと思う仕事でもその分収入に反映されていればやりがいを感じられるのではないでしょうか

 

理学療法士業界は経験年数を積んでいっても大幅な収入アップは望みにくい環境であると思います。

自分が満足する収入を得るためには、情報を自ら探して行動することが大切です!

 

自分が働くことに対して、どれくらいの収入が欲しいのかということは考えておくべきでしょう。

タマガワ

 

以下の記事には給料アップを狙うPTが考えるべきことをまとめています。

参考記事【必読】理学療法士が昇給(給料アップ)のために考えるべき事

 

私が出した結論

 

このようなことを悩んでいた私が出した結論は、転職することでした。

悩んでいても環境を変えなければ何も変わらないと思ったためです!

 

わたしは、やりたいことがスポーツ分野だと思っていたため、スポーツ分野に強いクリニックに転職しました。

 

しかし選ぶべき職場に迷う人もいると思います。

そのような方のために私がオススメする転職分野についてお伝えします!

 

体力的にきつい理学療法士が選ぶべき職場

 

私が理学療法士として働くことがつらいと思っていた理由は、体力的な問題ではありませんでしたが、中には本当に体力的に参っている人もいると思います。

 

また、私と同じような理由であってもやりたいことは今決まって無くて、とりあえず普通に働いてそれなりの稼ぎがあれば問題ないと考えている人もいるでしょう。

 

そのように、今の職場を変えたいけど転職先の分野の選択に悩んでいる方には、私は訪問看護ステーションで働くことをオススメします!

 

訪問看護ステーションをオススメする理由

 

私が訪問看護ステーションの勤務をオススメする理由として

 

  1. 勤務時間がそれほど長くなく、病院内などの決まった場所で働くわけではないため職場の人間関係の問題も少ない
  2. 収入が病院勤務よりも良い(働く場所によっては基本給+訪問の歩合給で年収500万円以上も可能)
  3. 訪問の件数などもある程度自分で設定できる職場もあり、自分で働く時間と収入をコントロールできる

 

という点があります。

 

理学療法士としてこれからどうやって働こうと悩んでいる人に必要なのは、まず自分が余裕を持てる環境を作ることだと思います。

 

余裕をもたせるために必要なのが、

  1. 時間 
  2. お金

ではないでしょうか?

 

理学療法士として働く中で、現状でその二つを両立するために働く職場として考えるのであれば、訪問看護ステーション一択です!

 

転職サイト(PT/OT人材バンク)を利用しよう

PT/OT人材バンク

 

 

訪問看護ステーションと一口に言っても数多くの事業所があります。その中で、自分の理想とする条件の整った場所を見つけるのは大変です。

働きながら多くの事業所に見学にいって良い職場を探すというのは現実的ではありませんよね!

 

そのように自分に合った転職先を短時間で探したい方は、PT/OT人材バンクを利用しましょう。

 

PT/OT人材バンクは、全国の求人を扱っており、非公開求人も多数扱っています。

自分の理想とする転職先を探すためには登録して間違いないと言えるでしょう!

 

PT/OT人材バンクの特徴

 

1)医療介護に特化した会社が運営

医療介護に特化した株式会社エス・エムキャリアがこちらの転職サービスを運営しているため、様々な医療機関・介護施設を紹介してもらえる事が可能です。

 

2)リハビリ求人専門

理学療法士・作業療法士専門の転職サポートサービスです。なので、リハビリ専門のキャリアパートナーに問い合わせる事が可能なため、より専門的な条件や話し合いをする事が可能です。

 

3)エージェントによるカウンセリングが充実している

条件面の希望が漠然としている人でも、経験豊富な担当者が個々にあった提案をしてくれます。もちろん提案を押し付けてくることはありません。

 

PT/OT人材バンクはこんな人にオススメ

 

  • 転職活動をする事が初めての方
  • キャリアプランや条件面などに悩んでいて、しっかりと相談したい方
  • 忙しくて自分で求人を探す暇がない方

 

✔️転職サイトを利用して感じること

自分が転職サイトに登録してみて、転職活動ってこんなに楽にできるんだと思いました!

転職サイト内にある求人で自分の欲しい情報が載ってなかったり、面接で聞きづらいようなことも、担当者の方が事前に確認して交渉してくれます。

また、無理矢理転職を押し付けてくることもないので今の環境と比較しながら安心して相談することが出来ます。

 

転職を考える際はまず登録するべきです!

タマガワ

 

PT/OT人材バンクで求人をチェックする

 

また、以下の記事にはPT/OT人材バンクの詳細が書かれています

参考記事PT/OT人材バンクの口コミ・評判【実際に利用した理学療法士が語る】

 

まとめ

 

理学療法士として働くのが大変だ、辞めたいと考えている人は、まず理学療法士として働くことが本当に嫌なのか考えてみましょう。

そこで本当に嫌という結論がでるのであれば、今すぐ他職種への転職をオススメします、迷っている時間がもったいないです!

 

理学療法士としての仕事は嫌ではないけど…という人は環境を変えることを考えましょう。

やりたいことがなくて、どこに転職すれば良いのか分からないという人は、1度訪問看護ステーションに就職して働きながら今後のことを考えることも良いのではないでしょうか。

 

時間は有限です、働くのがつらいのを我慢するよりも、思い切って行動して一歩足を踏み出しましょう!

次はこちら理学療法士(PT)にオススメの転職求人サイト・エージェント3選

 

この記事を書いている人 - WRITER -
私はこれまで出会う人に恵まれて、自分がやりたいと思う仕事を実現してきました。 クリニックで勤務しながら、自費のパーソナルトレーナー・プロスポーツチームトレーナーができたのは自分1人の力では考えられません。 「今まで出会った人に貰った経験を今度は自分が伝えていきたい!」という思いから情報発信しようと考えました。 やる気はあるけど何から始めたらいいか分からないという人が1歩行動できるような発信をしていきます!

Copyright© 理学療法士の働き方改革 , 2018 All Rights Reserved.