理学療法士のための情報サイト(独立開業・副業・転職・治療技術など)

ブログを書きすぎて腱鞘炎の方へ!腱鞘炎を自分で治すマッサージ特集

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
最近PTとしての働き方や収入に不安や不満があるけど、なかなか一歩が踏み出せないという話をよく聞きます。 私はそんな人の役に立ちたくてこのサイトを作りました! 1度しかない人生です。好きな仕事をしてみんなでもっとワクワクすることしようじゃありませんか!

 

最近記事書きすぎて腱鞘炎っす。まじ辛いっす。

ブロガーのTっち

 

最近ブロガー仲間たちの中で大流行している腱鞘炎

手首や指が痛いと、記事を書くスピードが落ちて、何よりやる気を削がれて大問題ですよね。

 

そこで今回は、腱鞘炎を自分で治すためのセルフマッサージをご紹介します。

 

「マッサージならもうすでにやってるけど全然よくならないよ!」って方。

腱鞘炎は痛いところを直接揉んでもダメなんです。

 

腱鞘炎を治すには、コツがあります。

私は理学療法士として、「筋膜調整」を通じて腱鞘炎の方の施術を何年も行ってきました。

その中で統計をとり、ある程度どこに原因があることが多いかわかってきたので、ここでご紹介させていただきます。

(※もちろん人の体はそれぞれ違うので、例外はあります。統計的によくなりやすいパターンということです。)

 

私も腱鞘炎になるとこのマッサージを15分ぐらいやって、だいたい復活します。一般の人でも痛みを少し軽減させるぐらいはできるんじゃないかなーと個人的には思っています。

キシタク

 

腱鞘炎のマッサージをするポイントは6箇所

 

腱鞘炎とひとことで言っても、いろいろあります。

  • 親指が痛い
  • 中指が痛い
  • 手首が痛い

などなど

 

いろいろありますが、共通して言えることは、腱鞘炎の原因は痛いところ自体にはないことがほとんどということです。

今回は腱鞘炎全部ひっくるめて、よくなる可能性が高いポイントを6箇所に絞ってご紹介させていただきます。

 

腱鞘炎が改善しやすいポイント6選

腱鞘炎が治りやすいポイント▼の6箇所です。

  1. 母指球の真ん中あたり
  2. 母指球の下の方
  3. 真ん中よりも親指側で手首のしわから指2本分降りたところ
  4. 4のポイントから指2本分降りたところ
  5. 真ん中よりも親指側で肘のしわのとなり
  6. 親指と人差し指の間の膨らみ

 

文字だとめちゃくちゃわかりずらいので、▼の画像を見てみてください。

 

まず▲の青丸の6箇所を揉んでみてください。

この中で硬いところや痛いところがあれば、そこを入念に揉みます。

 

押す圧が強いとどこも痛いですが、軽く押しても痛いところが最も悪いところです。

そこを入念にマッサージしてみてください。

 

これは感覚になるので、わからなかったら全部グリグリ揉んじゃってください。

 

揉み方としてはこんな感じです▼

 

これでも全く改善しない腱鞘炎ブロガーのみなさん

 

これでも全く効果がないよ!っていうブロガーのみなさん。

 

私は表参道で腱鞘炎を改善する「筋膜調整」という施術をしています。

 

筋膜調整の詳細をアニメーション動画にしたもの▼

 

ブロガーの方はどうしても指と手首を酷使するので、なかなか腱鞘炎が治りません。

かといって、それが仕事なので休むわけにもいきません。

 

もし痛くて仕事にならないくらいお困りでしたら、私もブロガーのはしくれとしてぜひ力になりたいので一度気軽にご相談ください。

表参道から徒歩2分 青山筋膜整体 理学BODY

 

以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
最近PTとしての働き方や収入に不安や不満があるけど、なかなか一歩が踏み出せないという話をよく聞きます。 私はそんな人の役に立ちたくてこのサイトを作りました! 1度しかない人生です。好きな仕事をしてみんなでもっとワクワクすることしようじゃありませんか!

Copyright© 理学療法士の働き方改革 , 2018 All Rights Reserved.